耐震補強のポイント!

>

どんな工事をするの?

耐震補強のすすめ

大きな地震はいつ来るかわかりません。
また、震災後の防災意識の高まりを受け、住宅の耐震強度が気になる!という方も増えてきたのではないでしょうか。
そこで、いつか必ず来るであろう大地震に備えた耐震補強が近年人気を集めていますよね。
では、どんな家が耐震補強するべき家なのでしょうか。
まずは家を建てた時期から考えてみましょう。あなたが住んでいる家は何年に建てられたものですか?
もし、1981年より前に建てられたのであればできるだけ急いで耐震補強工事をした方がいいかもしれません。
なぜなら、これらの家は旧耐震基準を基にして作られており、現在使われている新耐震基準を満たしていない可能性が高いからです。
このような家に住んでいる場合は早いうちに耐震補強をしておきましょう。

工事の種類は?

いま住んでいる住宅の耐震強度に不安がある場合、耐震補強工事をすることをおすすめします。
しかし、一口に耐震補強工事といってもその方法はさまざま。
自分の住宅にあった耐震補強工事で、地震に強い家を目指しましょう。
まず、建物の耐震性を高めるためには補強が不可欠となります。
補強ができる場所は主に壁や基礎で、壁に筋交いや構造用合板を取りつけたり、基礎を鉄筋コンクリートと一体化させるだけでも、かなり耐震強度は高まります。
また、耐震工事は補強だけにとどまりません。
さらに、屋根瓦を軽量な材質の物に買えて屋根を軽量化したり、シロアリ被害などで腐朽してしまった柱を修繕したりすることによってさらに耐震強度は高まりますよ!


シェアする