ドコモ光

ドコモ光に事業者変更をするとメールアドレスは無くなります。【残す方法あり】

インターネットを契約した時に作ったアドレスはドコモ光に事業者変更するとどうなるの?と考える人も多いと思います。
メールアドレスを仕事用に使っていたり会員登録で使っていると消えてしまうと困りますよね。
結論として、何も準備せず他社へ乗り換えるとメールアドレスは消えてしまいます。
ただ、残す方法もあるので今回は消える理由と残す方法についてまとめていきます。

メールアドレスはプロバイダーと紐づいている

ネット契約時に作るメールアドレスはプロバイダーが発行しています。

プロバイダーとは・・・回線をインターネットとつなげる役割を果たす接続事業者

インターネットを契約すると必ずプロバイダーとも契約をします。プロバイダーが発行するアドレスなので、「インターネットを乗り換える=今のプロバイダーを解約する」とメールアドレスは行き場が無くなって消失してしまいます。

メールアドレスを残す方法

「じゃあインターネットを乗り換える=メールアドレスは無くなるってこと?」
と思う方もいるかもしれませんが、アドレスを残す方法は主に2つあるのでそこまで心配しなくてOKです。

①プロバイダーを引き継ぐ

ドコモ光は20種類以上のプロバイダーを取り扱っているので今と同じ所を選ぶことができる可能性は高いです。

例①)
フレッツ光+OCNプロバイダー利用
→ドコモ光+ OCNプロバイダー利用

例②)
BIGLOBE光+BIGLOBEプロバイダー利用
→ドコモ光+BIGLOBEプロバイダー利用

このような形で転用・事業者変更をすればアドレスを消すことなく引き継ぎが可能です。
まずは自分がどこのプロバイダーを使っていて、ドコモ光にそのプロバイダーの取り扱いがあるのかを確認してみましょう。

docomo光プロバイダー一覧

②オプションを使って残す

ドコモ光で取り扱っていないプロバイダーだと引継ぎができません。
ただ、プロバイダーのメールアドレスだけを残すことができます。
月額200〜300円前後のオプションとなっており、インターネットを解約後もそのオプション料金を払い続けることでアドレス利用ができます。
プロバイダーの解約の電話をする際に「アドレスだけ残したい」と伝えると手続きが可能なので忘れず伝えるようにしましょう。

結論

・準備無しで切り替えると消える
・プロバイダーを同じ所にして引き継げば利用可能
・別料金でメールアドレスのみ残すオプションがある

事業者変更のネックがメールアドレスだけであれば上記の方法で解決が可能です。

ここまで読んでいただいたということはとても大切なアドレスだと思いますので、確実に引き継いでください!

ちなみに事業者変更はwebからの申込が最もお得なのはご存知ですか?
ショップ申し込み以上のキャッシュバックを受け取ることができるんです!

以下の記事にまとめていますのでこちらもご覧ください。

ドコモ光への事業者変更で〇〇円キャッシュバック!?申し込みはネットナビ経由がお得!

続きを見る

-ドコモ光

© 2020 光回線LABO